腰部脊柱管狭窄症は休んで治す~カラダに優しさと癒しを~

記事一覧

  • 休むこと

    腰部脊柱管狭窄症にかかったとき、一番メインとなる治療はとにかく休んで安静にすることにあります。手術よりも温存するほうがリスクは少なく、これからも健康的に生活していける確率が高いのです。

  • メカニズムの理解

    腰部脊柱管狭窄症と付き合っていくためには、なぜその症状が起こるのかという理由を理解することが必要です。それを理解することで生活を変えて、痛みと上手に共存することができます。

  • 病院へ通うべき

    腰部脊柱管狭窄症を発症している人がまずするべきことは、何よりも病院に通うことです。専門性のある医師の診察を受けて、状況を改善していくためのアプローチを行うことができるからです。

  • 体は資本

    腰部脊柱管狭窄症は恐ろしい病です。このような病にかからない為にも普段の生活態度をしっかり見直すことが必要でしょう。仕事や学業に支障をきたさぬよう、体調を整えることが大切です。

足の不調や腰の痛み

最新鋭の医療設備が整っているので安心して治療が受けられます!聴神経腫瘍の手術はこのクリニックに任せましょう!

お年寄りは体の様々な部分が老化していますから、一番負担がかかる部分から順番に不調がでてしまいます。1番症状として多いのは腰痛であり、椎間板がつぶれてしまうヘルニアなどにかかる人もいます。
今増えてきている病気に腰部脊柱管狭窄症というものがあり、これは若い人でも負担が高い生活をしているとかかってしまうことがあります。腰部脊柱管狭窄症になるとヘルニアと同じような症状が出てしまいますが、普通のヘルニアよりもやや面倒な症状に発展することが多いです。
腰部脊柱管狭窄症では腰骨と腰骨の間にある空間が潰れたことによって狭くなり、そのせいで周囲の神経を圧迫することで腰痛、神経痛がおこります。
ヘルニアの神経痛は痛みが続き、だんだんと緩和されていくタイプですが、腰部脊柱管狭窄症の場合は普通に歩いているうちにだんだんと痛みが増すようになり、そのうち歩けなくなってしまうまで足や腰が痛むようになります。
手術によって治療が可能ではありますが、骨や軟骨に関する問題はすぐさま片付くことはありません。手術をしても再発する可能性が非常に高く、データによると手術した人としないで温存治療した人とでは数年後の再発率が変わらないともいわれています。

この病気の治療として基本になるのは温存であり、痛みが酷い場合は飲み薬または神経に直接注射するブロック注射を使うことになります。
注射は中々の痛みを伴うことになりますし、神経や周辺組織に負担をかけてしまうためにそうなんども連続で利用することはできません。

大腸がんは早期の治療が鍵となります。適切な治療をすれば完治も可能な病気となっており、専門で施術している病院もあります。